健康の一歩の歯医者さん

認知症の場合の訪問歯科

認知症の場合の訪問歯科

認知症の場合の訪問歯科 認知症の患者を持つ家族にとって、訪問歯科は大変頼りになる医療サービスです。歯の健康は全身の健康にもつながるもので、認知機能に問題があるからといって疎かにできるものではありません。何よりも歯が健康でないと、上手に食事をすることが出来なくなります。それが認知症をさらに悪化させ、介護の度合いも高まってしまう恐れがあります。
認知機能に問題がある患者は一般の歯科クリニックに通うのが困難な側面があります。歯科医とのコミュニケーションがとれなければ、適切な治療を受けることができません。専門の歯科クリニックは極めて稀なので、訪問歯科に頼るしかありません。訪問歯科であれば家族が常に同席できるので、医師とのコミュニケーションを図りながら、適切な治療を受けることが可能になります。何よりも患者の負担が軽減されるので、歯科治療に対する抵抗も軽減できます。このような症状の患者の歯科治療も健康保険などの対象になり、家族の負担も少なくなるわけです。

訪問歯科で認知症の患者さんの治療を行う注意点

訪問歯科で認知症の患者さんの治療を行う注意点 訪問歯科で認知症の患者さんの治療を行うときには、注意点も存在しています。
まず、認知症の患者さんは、その日の気分によって大きく感情が変わってくるのでうまく対応しないといけません。ニコニコしている日であれば治療を行うことはできますが、機嫌が悪い時には口を開けて欲しいとお願いしても言うことを聞いてもらえない可能性が高いです。こうなってしまった時には、うまくなだめて言うことを聞いてもらえるように工夫してみましょう。
また、訪問歯科での治療をおこなった時に、どんな治療内容だったのか説明する必要も出てきます。口腔内の状況の説明は必須になっていますが、患者さんに細かく説明したとしても理解してもらうことは難しくなっているでしょう。この場合、患者さんではなく家族に詳しく話を行う必要があります。一緒に生活している家族に、どんな治療を行ったのか、また今後の治療方針について話を行えば納得してもらうことができるでしょう。

新着情報

◎2019/12/24

訪問歯科のこれからの課題
の情報を更新しました。

◎2019/10/31

一般的な保険適用を受けられる
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

通院が困難な場合は訪問歯科
の情報を更新しました。

◎2019/6/27

オーラルケアとリハビリ
の情報を更新しました。

◎2019/4/19

認知症の場合の訪問歯科
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

サイト公開しました

「歯医者 訪問」
に関連するツイート
Twitter

返信先:ねこさんもいつもお疲れ様です🍵 そして、ありがとうございます✨ 歯医者は1番嫌いらしく、体が動けても、今度は行かないに舵を切りそうなので、苦肉の策の訪問歯科にしました😅 高齢者、お口問題は、本当に困りますよねぇ😣

そもそも、レセプト点検時、カルテ見れないのよ?医療機関への訪問も無いから、ただ提出されたレセプトだけ見て点検とか、いや、それ無理じゃない?って思います。 私が前に勤めてた歯医者もレセプト代行入れてたけど、一旦レセプト点検全部した後、不明な部分を調べに医院に来てカルテ見てたよ

立ち上がれない事で、自信を無くし、イジ気モードの父😣 もう、訪問歯科しかなく、一応申し込み☎️ 痛みで高血圧になるのは何とも避けたいけど、服薬の種類が多すぎて禁忌事項もあり、暫く、歯の痛みは我慢してもらうことに😵 「だ・か・ら、早く歯医者に行けと言ったろーがっ!」と心で叫ぶ私😠🔥

目の検査して写真もとって問題なし なのに違和感続く 母の歯医者訪問マッサージの予約優先だと行ける日が限られてくる 整形も行かなきゃなのに すべてがうまくまわらない

訪問歯科終了。 今朝の母は洗面所の廊下で歯磨きをした。 「歯医者さんがくるから歯磨きしましょう」 は、母にとってパワーワードのようだ。 歯医者さんも今日は長く治療(口腔内掃除)をさせてくれた。 今週拒否続きでひさびさの歯磨きで気持ちよかったのかもしれない。